IRIDシンポジウム2017in
いわきは
募集受付を
終了しました。
2017/6/26

2017年8月3日(木)に行われる「IRIDシンポジウム2017inいわき」ですが、
定員(先着300名)に達したため、受付を終了いたします。
多くのお申込みありがとうございました。

お申込みをされた方は当日12:30~受付となっております。その際に当事務局より
お送りしたメールのプリントアウトとお名刺をお持ちの上、ご来場下さい。

また、当日はシンポジウムの様子をIRIDホームページ内で公開いたします。
そちらも合わせてご確認ください。

下記から講演資料のダウンロードが可能です。
当日は発表資料の配布はございませんので、必要な方は印刷の上、お持ちいただけますと幸いです。

講演者・テーマ 資料
報告 「燃料デブリに迫る」
IRID 研究管理部長 清浦英明
PDF
(4.5MB)
報告 「燃料デブリの取り出し」
IRID 開発計画部部長 奥住直明
PDF
(4.5MB)

※内容は変更する場合があります

※当日のシンポジウムの様子は、インターネット中継により、WEBでも視聴いただけます。

開催にあたって

平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

当組合は、平成25年8月の設立以降、福島第一原子力発電所の廃炉に関わる研究開発に取り組んでおります。平成33年の燃料デブリ取り出し開始という目標に向けて着実な成果が求められる中、燃料デブリの実態に迫るべく様々な研究開発を行うとともに、デブリ取り出しに向けての基盤技術の開発にも注力をしているところです。

平成26年度以来、4回目を迎えた本年度のシンポジウムは、「燃料デブリ取り出しに挑む」と題して、IRIDの研究開発成果をご報告するとともに、昨年に引き続き若手研究者、技術者の育成も目的として開催いたします。

つきましては、諸事ご多用のことと存じますが、何卒ご来臨賜わりますようご案内申し上げます。

平成29年6月吉日
技術研究組合 国際廃炉研究開発機構

開催概要

開催日時

2017年8月3日(木)
13:00〜16:45 / 開場 12:30〜

入場
無料

開催場所

いわき産業創造館企画展示ホール(LATOV 6階)
福島県いわき市平字田町120番地

●JR常磐線 特急ひたち 東京駅⇔いわき駅 約145分

※専用駐車場はございません。ご来場に際しては、 公共交通機関をご利用頂き、車でのご来場はご遠慮ください。

参加対象
主に学生、若手研究者、企業・団体関係者など
主催
技術研究組合 国際廃炉研究開発機構(IRID)

プログラムのご案内

(敬称略)

第1部
13:00〜
13:05
開会挨拶
 IRID 理事長 石橋 英雄
13:05〜
13:10
来賓挨拶
経済産業省 原子力事故災害対処審議官 星野 岳穂
13:10〜
13:20
IRIDの紹介(ビデオ)
13:20〜
13:50
報告「燃料デブリに迫る」
IRID 研究管理部長 清浦 英明
13:50〜
14:20
報告「燃料デブリの取り出し」
IRID 開発計画部部長 奥住 直明
第2部
14:20〜
16:35
廃炉コミュニケーション・ステージ各研究開発担当者

パネル展示などにより、研究開発を行っているエンジニア、学生がみなさまからのご質問にお答えします。

展示内容

パネル展示
  • ・IRID研究開発プロジェクトの最新情報
  • ・大学等で原子力、廃炉の研究に取り組む学生たちの成果発表 など
ロボット展示/
デモ

・福島第一で活躍したロボット

・現在開発中のロボット など

16:35〜16:45 閉会

お問い合わせ

技術研究組合 国際廃炉研究開発機構 (IRID)
シンポジウム運営事務局

TEL
03-6372-6083(平日9時から17時まで)
E-Mail
info@irid-symposium.jp